直木三十五の波乱の人生を語る

 富岡長昌寺に眠る郷土の宝を知ってほしい 

 6月の西柴夜話は直木賞に名を残す作家「直木三十五」に関する逸話やエピソードについて、西柴在住・鎌倉ペンクラブ会員の西内俊秀さんに語っていただきました。西内さんはもともと読書家、あるきっかけから直木と触れ合い「直木は金沢区にとっての大作家、郷土の宝を知ってほしい」と活動を始めたといいます。
CIMG1114 直木の本名は植村宗一、植の名を分解したペンネームが直木、三十五についても解説します。明治24年に生まれから昭和9年に亡くなるまでの43年間の波乱万丈の人生やエピソードをスライドで示しながら紹介していきます。

 大阪生まれの青春時代、菊池寛との運命の出会い、年上の須磨子との同棲生活、複数の愛人と関係、派手な生活と借金でピーピー生活の様子、その借金が関東大震災でご破算になった逸話、映画にものめりこむが撤退などなど、波乱の人生が語られました。しかし時代小説家としては第一人者で多くの文壇人に影響を与えたといいます。それなのになぜ知名度が薄いのか、そこも西内さんなりに解説されます。亡くなった後に戦争が相次いだこと、注目される子供たちが若くして亡くなったなどなど・・・。更に、なぜ終の棲家を富岡に求めたのか。いろいろ憶測はあるようですが、時代小説家として数多くの逸話がある横浜の地を選んだのではというのが西内さんの説。
 その後料理を囲んでの交流会では、直木賞の由来や仕組み、映画とのつながり、無口な直木がなぜ6人もの女性にもてたのかなどの質問があり、参加者の感想も含め交流しました。お墓のある富岡長昌寺、また行ってみようそんな感想が出されていました。

CIMG1113 CIMG1117 CIMG1124

2018年7月14日

女性陣10名による詩吟の披露

10名に加え、急遽飛び入りもありました

CIMG1084 6月の西柴夜話は、女性陣10名に「詩吟」を披露していただきました。山下まり子さん(不識庵機山を撃つの図に題す)、長谷川伸子さん(幾山河)、久保田千栄さん(富士山)、岡本溢子さん(寒梅)、福田有美さん(山中にて幽人と対酌す)、玉井洋子さん(子等を思ふ歌一首)、高野功子さん(同じこころ)、栗山紀世子さん(名鎗日本号)、菊池弘子さん(雨ニモマケズ)、嶋慶子さん(夢 & 閑かさや)、その他、3名による合吟、全員での合吟がおこなわれました。多少時間に余裕もあったことから、急遽参加者で詩吟を習っているという方3名からの歌いもありました。

出演者の詩吟の経験は、数か月の方もおれば、何十年と積み重ねている方もおられましたが、それぞれが個性を活かし演じられていました。どなたも背筋をピンと伸ばし、姿勢を正して堂々と歌われ、みなさんから大きな拍手が送られていました。

 お料理やドリンクをいただきながらの交流会では、各々の経歴や詩吟を行うようになったきっかけなどが語られたり、詩吟の節回しを参加者全員で歌詞を見ながら歌ってみるなど、参加した方の中には詩吟に初めて触れる方もおられましたが、みんなで楽しんだ2時間でした。

CIMG1068 CIMG1076 CIMG1088 CIMG1093

2018年6月15日

金沢八景は頼朝・家康ゆかりの地

 瀬戸神社宮司の佐野和史さんのおはなし。

IMG_0457大正・昭和初期の「金沢八景」の数々の風景写真を絵ハガキにしたものをスライドで紹介しながら、当時の様子や、現在との違いを解説していただきました。当時の写真は、すべて白黒ですが、絵はがきとして販売する際はそれに色を付けていたことから、紹介のスライドはカラー写真でした。埋め立て以前の風景や、野島に航空隊の格納庫があったことから野島運河がつくられたことなど、特に昭和一桁世代には懐かしい風景とお話しでした。

後半は瀬戸神社にまつわるお話、源頼朝がこの地の伊豆三島明神を祀ったことが起源であること、鎌倉から江戸時代にかけてお寺が果たした役割、徳川家康が「関ケ原合戦」を前に会津討伐のため大阪から江戸へ向かう途中この地に寄り、その後東照宮が建てられたこと、江戸城本丸御殿の襖絵には立ち寄った際に家康が絶賛した金沢八景の風景が描かれていることなどがはなされました。

食事・ドリンクを囲んでの交流会では、「瀬」や「戸」の由来、瀬戸神社のこれまでの歴史、瀬戸神社お参りの際の作法などの質問が出され、一つひとつ丁寧に解説していただきました。時間が限られていたことから、現在の八景の再開発問題まで話は至りませんでしたが、新たにできる公園に「家康ゆかりの地」として像建築の運動などがあるようです。今度瀬戸神社に行った際は「改まった気持ち」でのお参りになる夜話でのおはなしでした。

IMG_0465 IMG_0466

2018年5月11日

息長く美しく、ガーデナーのお話

  植裁デザイナー、平工詠子さんのお話しです。

IMG_0424 4月の西柴夜話は植栽デザイナーでありプロのガーデナーである西柴在住、平工詠子さんの「球根ミックス花壇」のお話しでした。平工さんは大学卒業後、横浜で造園・園芸に従事していましたが、その後イギリスにわたり4年間、オランダでも半年間、球根による大規模な花壇づくりからメンテナンスなどを担当し実践してきました。現在は大学の講師として、あるいは横浜をはじめ各地で花壇づくりの指導から講演活動なども行う、今、注目のガーデナーの一人です。

 当日は、「全国都市緑化よこはまフェア」などでの華やかな花壇の様子や、花の育て方など技術的な話もありましたが、わが街にある「西柴第一公園」の花壇づくりを地域の皆さんと協力して作り上げた様子をビデオで映写、その際の数々のエピソードを交えながら紹介してくれたことで、参加されたか方々はより身近に感じながらお話に聞き入っていました。チューリップといっても多様な種類があり、早咲きから遅咲きの球根を駆使し、色合いも考えながらいかに美しく、いかに長い期間人々を楽しませるかなどについて熱く語っていただきました。

飲食を挟んでの交流会では、参加者みなさんも「お花好き」の方々、お庭の園芸でいつも困っていることの対処法の質問や、近所づきあいで平工さんに花づくりをお手伝いいただいた方々の感謝の言葉などがだされ和やかな雰囲気で2時間を過ごしました。

IMG_0435 IMG_0427 IMG_0430

2018年4月13日

3月、打楽器演奏に感動しました

 全国で演奏活動を展開する村上響子さん登場。

CIMG0834 テンポよくウキウキする感じのマリンバ演奏、しんみり心落ち着くヴィブラフォン演奏、3月の西柴夜話は全国で演奏活動を展開している打楽器奏者の村上響子さんにお越しいただきました。ジュピター、コーヒールンバ、さくらさくら、上を向いて歩こうなどおなじみの曲を10曲演奏していただきました。十何種類のマレット(演奏に用いるバチ)を使い分けることで曲の雰囲気が大きく変わることや、楽器の秘密などの解説も交えて演奏していただいたことで大変興味深く楽しむことができ、じっくり聞き惚れると同時にすごく楽しく感動する内容でした。後半は「さくら茶屋・歌の集い」でおなじみの「健康歌声サロン」の方々とのコラボ演奏、最後に「ふるさと」を参加者全員で合唱しました。CIMG0860

 食事をしながらの交流の場では、村上さんが各テーブルをまわって交流したり、楽器の構造や値段、かなりハードな演奏をこなすための体力づくりなどの質問もだされました。また参加者が実際楽器をたたき、それに村上さんが加わりコードをつけるなんてことも。

2時間にわたり素晴らしい内容の夜話でした。まったく予定のなかった、やまない手拍子での無茶ぶりの「アンコールコール」にも、こころよく応じていただいた村上さんと「健康サロン」の皆さま、本当にありがとうございました。

CIMG0841 CIMG0850 CIMG0865 CIMG0867 CIMG0883 CIMG0885

2018年3月11日

真剣にメモをとる夜話でした

 知っておきたい!遺言と相続、

CIMG0732 2月の西柴夜話は行政書士の新井克己さんをお招きしての「知っておきたい!遺言と相続」というテーマで語っていただきました。これまでの夜話とは違って「学習会」的な内容、そこでテーブル配置もいつもと変えて新井さんを囲むような形にしました。

 遺言書の種類、必要性や有効性、書くにあたっての内容の注意など。相続では遺言書がない場合の法定相続、平成27年に改悪された相続税の内容、相続開始から納付までのスケジュール等などです。今回の内容は、皆さんが身近になってきた問題だけに参加者も配られた資料に真剣にメモを取る姿が多くみられました。

 食事をとりながらの交流の場では、時間が足りなくて一時間の中で聞けなかった後見人問題への質問などが出されました。ただこうした問題は、その人その人によってケースが違うこともあることから、みなさんのおしゃべりの間に、新井さんに個々に質問する姿がみられました。

 夜話終了後の後片付けに多くの参加者がお手伝いいただくなど、アットホームな雰囲気でおえました。みなさんありがとうございました。

CIMG0738 CIMG0740 CIMG0743

2018年2月16日

年明けは全国の民謡で賑やかに

 民謡協会・貢星会のみなさんの登場です。

IMG_2385 2018年、新年の幕開けの西柴夜話では、日本郷土民謡協会公認教授でもある小山貢星さん、津軽三味線の小山流総師範小山貢晴さん、お囃子小山星美歌さんをお招きしてにぎやかに行いました。

 自治会館 の中いっぱいに三味線の音色と小山さん の民謡が響き渡ります。 民謡は、昔は60,000曲あると言われていたそうですが、現在歌われているのは約700曲だそうです。貢星さんは北海道から九州、中部地方、東北と次から次へとその地域に伝わっている民謡を朗々と歌いあげてくださいました。 民謡は人々の労働から生まれた庶民の歌で日本人の心が伝わる歌です。

 三味線の曲弾きの音色もとても素晴らしく、皆さん聞き惚れていました。 三味線は1台10キログラムの重さがあるそうです。小山さんは浅草公会堂で、毎年300人で曲弾きをするそうです。どんな演奏になるのか聞いてみたくなりました。 三味線の胴はかりんの木で作り、皮は昔は犬の皮だったそうですが今は動物保護のこともあり人工の皮で作っているそうです。3本の糸は1本目は絹、2、3本目はテトロンだそうです。絹は切れやすいので変わってきたとのことです。 楽器も時代とともに変わるのですね。IMG_2383

2018年1月25日

ミルトさん、これがオカリナ?

 こうした機会を設けていただき感謝です。

CIMG0563 12月の西柴夜話は、世界的にも活躍するオカリナ奏者、ミルトさんにきていただきました。いろんなジャンルの音楽を、オカリナで演奏します。「ひまわり」などの映画音楽をはじめ、クラシックからボサノヴァ、タンゴまで披露されました。ご自分でも言われるように「私はオカリナ奏者&サウンドエフェクター」といわれるように、いままで聞いたことのあるオカリナの音とはまったく違い、それぞれの曲に合わせ音響装置を使用しながら独特のサウンドを聞かせてくれます。目を閉じているとこれがオカリナなのかと思うくらい、いろいろな表情を見せくれます。一曲終えるごとに盛大な拍手が贈られます。

CIMG0569 CIMG0575 CIMG0579 CIMG0590
 今回はオカリナを伴奏に全員合唱という贅沢な企画も用意していただきました。ミルトさんに同行された樹(いつき)さんが歌をリードしてくれます。「浜千鳥、エーデルワイス、上を向いて歩こう」の3曲、80名で大合唱しました。そしてラストに選ばれたのが、その場で即興できめた「花は咲く」の曲、ミルトさんと樹さんの息の合った歌に多くの方が口ずさみながら聞いていました。
交流会では、お二人も交え会食しました。質問も多く出されました。オカリナ経験者の専門的な質問、指で押さえる穴に息を吹いて独特な音を出す特殊な演奏法への質問、オカリナの由来などなど、すべて丁寧に答えていただきました。
参加者からは「今後のステージの日程を教えてください、素晴らしい音色で感動、こうした素晴らしい機会を設けてくれたさくら茶屋さんに感謝」などの感想が出されていました。

CIMG0592 CIMG0594 CIMG0595 CIMG0596

2017年12月15日

稱名寺のカワセミを激写で紹介

 11月の西柴夜話は西柴で野鳥撮影・その魅力 

CIMG0469無題 11月の西柴夜話は「野鳥撮影」の魅力をテーマに西柴在住の小川克彦さんに語っていただきました。写真撮影歴50年の小川さんはもともと「撮り鉄」ファン、全国各地に出かけ鉄道を追いかけます。海外に行っても各地の鉄道や市電を取り続けました。そのうち世界の風景を撮りまくります。パリ、ベニス…へと、仕事で海外に行っても撮影は欠かしません。風景に続いてルーブルなどの世界の美術館を訪れ名画にシャッターを切ります。日本の美術館ではほどんど禁止されている撮影も世界では許されています。そうした経過が数十枚の写真とともに紹介されました。

 その後2年前に稱名寺で「カワセミ」と出会います。何回も通い見ているといろいろな姿を見せてくれます。どこが好きなところなのかなど「カワセミ」の生態がだんだん見えてくる。毎日午後4時の前後5分ぐらいの間に水浴びすることも分かった、そこでカメラを構えシャッターチャンスを待つ、そこで撮れた写真がスクリーンに映し出されました。オスがメスに給餌する(捕った魚をメスに口移しメスが受け取ったら求愛成立)様子も連続写真で紹介されました。「カワセミ」以外にも稱名寺には数多くの野鳥が飛来しています。その種類を図鑑などで調べたり仲間たちと情報交換してわかってくると面白く、それが魅力となっていると微笑みながら話していただきました。

 軽食と交流の場では、希望者に「カワセミ」のホバリング(空中静止)など困難な撮影に使用した機器に実際触れて体験する機会も設けていただきました。「近くにそんな多くの野鳥がいるなんて驚きました、これからもっと注意してみてみよう、楽しくなりました」とは参加者の感想です。

 小川さんの「野鳥撮影」の映像は、ホームページ「カワセミ礼賛」で検索できます。一度アクセスすることをお勧めいたします。

CIMG0472 IMG_2031

2017年11月11日

真打昇進、春風亭三朝師匠が登壇

 色紙を賞品としたクイズもありました 

CIMG0262 9月の西柴夜話は落語でした。話し手は西柴夜話ではすっかりおなじみになった春風亭三朝師匠、とはいっても師匠が真打に昇進したのが今年の3月。昨年の「さくら茶屋寄席」までは春風亭朝也と名乗っていましたが、今年の夜話から「三朝師匠」として登壇いただきました。おめでとうございます。

 本編に入る前の「まくら」では、何気ないこどもやお年寄りの日常生活を笑いに代えて会場を沸かせます。今回の演目は2題、八っつぁんのところに嫁入りする新妻のお話し「たらちね」と、上野の池を舞台に与太郎と七兵衛のつりをするお話し「おしのつり」、これは放送禁止用語もありテレビラジオでは全く聞くことがなくなったお話しとのこと、会場では笑いと時には拍手も起こっていました。

 交流会では、新たに参加された方々に感想をいただきました。「とても素晴らしいお話し」、スタッフが準備した各種のお料理にも「こんなに出るとは思わず、夕食をすましてきて残念」などの声が出されていました。交流会には師匠も参加していただき、この場で書いていただいた色紙を賞品にクイズをだし正解者に贈るということにもご協力いただきました。

 「また来年も来てほしい」との声に、「お声がかかれば喜んで」といううれしい言葉もいただきました。

CIMG0247 CIMG0264 CIMG0271

2017年9月15日