自分で発見できる乳がんのお話し

 秋田県中通総合病院の清澤美乃先生の講演です

 「誰でもがなりうる乳がん」をテーマに、秋田県中通総合病院乳腺内分泌科診療部長の清澤美乃先生に講演していただきました。清澤先生は、西柴団地出身の方ですが、里帰りをした際に、「さくら茶屋」の活動について知り、何か私に役立つことがあればということで講演の申し出があり、今回の企画となりました。本当にありがとうございます。

講演の内容を箇条書きでお知らせします。

検診が大切!検診を受けよう!

・乳がんは乳腺があれば、誰でもがなりうる可能性がある。

・30代後半から、増加傾向にある。乳がんの罹患率は年々増えている。

・日本では、12人に一人、欧米では6~7人に一人の割合で乳がんになる。

・日本では、乳がんの死亡率は、年々増加傾向だったが、2012年に初めて減少傾向になった。

・そのわけは、検診の増加による早期発見によるところが大きい。早期の乳がんならばほとんど助かるといっても過言ではない。

・数多くの癌の中で乳がんは、自分で発見できる癌と言える。1か月に1回,日を決めて自分で触って見ることが予防の第一歩

・病院での検診は、視診・触診・マンモグラフィ・エコーの検査・エラストグラフィー

 などいろいろな方法がある。

・乳がんの治療方法

  手術・薬・放射線などがあり、癌の薬も様々である。治療法は確立している。

  まずは診断を受けることが大切

IMG_2252・どの食べ物が良いかということではなくバランスの取れた食事が大切

・肥満気味の人やお酒の飲みすぎは気を付けた方が良い。体を動かすことも大切。

 

 24名の方が参加して、乳がんについての理解を深めました。皆さん、自分でまずは触診し、検診に行こうと思って帰られました。

 

2017年7月24日