桜の季節到来、オレンジデー

 辛い話も、嬉しい話もいっぱいのオレンジデー

CIMG9787

「さくら茶屋」前のジンダイアケボノは開花寸前、20日

 3月19日のオレンジデー、いよいよ桜の季節到来です。カフェの前の桜の枝は開花の準備万全といった様子です。

 お彼岸、好天気なので参加者はどうかしら?と思っていたところ、いつものように多くの方に来店いただきました。 桜の花のようなスタッフ気遣いの手作りケーキも登場しました。

3つのテーブルに分かれてのおしゃべり会はいつもの通り。春たけなわの空気に誘われたか、まあ賑やかなこと。カフェの中は割れんばかりの話し声と笑い声、そして歌声。心地よい時節が気分を盛り上げることを実感しました。

趣味豊かな日常をお過ごしの方の話に感心しながら耳を傾けるグループ、今取り組んでいる介護の問題をテーマに話すグループ、片やこれまでの生活の中で盗難や空き巣体験を笑顔で話題にするグループ。おしゃれの話も出てきます。勿論、日頃の介護の大変さをじっくりとスタッフに話す方もいます。スタッフも一対一で聞き入っています。

集う人それぞれが今の悩みを、このオレンジデーに来て、このカフェでお話しする、辛い話だけではなく、笑顔で話すこともいっぱいあります。そうしたことが心を軽くすることにちょっぴり役立つのであれば嬉しいな、そう思えるひとときでした。

最初に体操、最後は「四季の歌」「丘を越えて」「北国の春」を大きな声で歌って締めくくりました。参加者の方の、これまでもかなり歌いこんでいらしたと思えるバリトンの素晴らしい声に聴きほれるひと幕も・・・、そんなオレンジデーでした。

2017年3月20日